【祝】25記事突破!今までを振り返ってみた。

Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、アタローです。
今回は、ブログがようやく25記事を突破した記念に
2回目の振り返りをしてみようと思います。
(前回の10記事目振り返りの記事はこちら)

他のブロガーさん達の記事を見ていると、
同様の記事数で、
アクセス数(pv)はやっぱり10〜20程度。

私も似たようなもので、

counter per day プラグインより

こんな感じです。

前回10記事目にも似たような記事を書きましたが、
結局現在とあまりアクセス数は大幅な変化なし。伸びていません泣。

しかし、閲覧数や、閲覧者数の最高記録更新は
4月の16日なので、
やはり継続は力なり。
緩やかではありますが、
右肩上がりで閲覧数は伸びてきています。

ブログが続かなかった理由

ブログ作成は、
はじめ無料ブログでスタート。
その後、6月からワードプレスに移管し、
サーバーはwp-xを使って月額500円という格安プランを選択しました。

そしてコンテンツといえば
主に中国に関連した記事や、
中国にちなんだ生活で気づいたこと、
ビジネスで役立つ時短技を執筆してきました。

しかし!
一方で普段の生活では、
サラリーマンとブログと子育ての3束ワラジを掛け持ち、
同時で全てをこなすというなかなか多忙な毎日を送っておりまして。

(妻が仕事を再開した為、
子育てに本格的参加をしました。
今の時代は当然夫婦で助け合うべきなのは当然ですよね、
はい反省しています。)

そんな中、本業が忙しくなると、どうしても
時間が足りない。
つい、ブログをサボってしまいます。
サラリーマンブロガーの皆様が本当に大変なのは、身にしみてわかりました。
今までネタを考え、構成を考え、書きおろすのに、
最低6〜7時間はかかっていました。

特にネタ・構成を考えるだけで3時間。
裏付けデータや、ネットで情報を探すので1時間〜2時間。
のこりはワードプレスに書き出して、文章の体裁を整えたり。

私は通勤時間が約往復3時間かかるので、
この時間をネタ・構成作りに当てるのですが、
それでも満員電車に巻き込まれたり
スマホが使えない状況が多かったりすると当てる時間が削られます。

そんなわけで、
12月から3月にかけて、
まるっきり更新が途絶えていました。

はじめは、1週間だけブログは休止しよう、
だったのが、1ヶ月、2ヶ月と休止期間が長期化してしまいました。

危うく、維持費未払いで、
サーバー凍結どころか、
データ削除寸前まで追いやられてしまう始末。

そんな時に、副業というワードに触れるたびに、
再度奮起して「初心忘れるべからず」の精神で記事再開をスタートさせました。

困難な時でも継続する工夫が必要

現在は週に2〜3記事のペースで、
ブログ執筆しています。
まだまだ1日に1記事アップのスピードには追い付いていませんが、
確実にスピードアップしたといえます。

ここで25記事目の節目に、
今まで気づいたこと、
工夫したことをピックアップしてみたいと思います。

・構成を組み立てる。

まず、よく文章を書くコツは、
「起承転結」
と言いますよね。

これによく似た形で、
ブログに当てはめると
「導入」→「現状」→「課題」→「解決策」→「解決後の未来」
が一番しっくりくる構成だと私は考えています。

これはブログの読者が、
なにかしらの「お困りごと」を抱えて貴方のブログから、
解決策を導き出そうとしているからです。

(日記としてブログを書いている方もいらっしゃると思いますが、
多くはブログで収益化を図りたい!
と考えている方が多いのではないでしょうか。)

  • 痩せたい
  • 頭よくなりたい
  • 禁煙(禁酒)したいお金を増やしたい

など。
貴方の体験から良質情報を欲しがる方がいるからこそ、
ブログの価値がでます。

私は、ブログ執筆時から、
これを意識してきましたが、
ここ最近では必ずこの流れに沿って、
段落の見出しから考えることからはじめ、
そのあと文章を肉付けしていくことにしました。

その構成に役立ったアプリがあります。


「ever note」

多くの方がブログで使っていると思いますが、
私みたいな昼間はサラリーマンとして働く、
通勤時間が長いブロガーの場合、
めちゃくちゃ重宝します。

スマホで文章を書いてそのまま保存。
そのあとの仕上げでPCでワードプレスに書き写して
すぐに校正や、最終チェックに入れるからです。

少し話が逸れましたが、
まず文章の見出しから考えて、
いくことで本来伝えたかったことがブレずに済みます。

これもここ最近実践した注意点で、
私はかなり時間のロスを防ぐことができました。

・通勤時間を有効活用する。

1日の有効時間は限られているため、
スマホを駆使しながら、
文章構成の8割は通勤時間に仕上げるようにしています。

混雑時にはじめは背後から覗かれるんじゃないかとか、
ビビってなかなか進まなかったのですが、
最近では所構わずライティングをしています。

ただいきなり見出しを書き始めるのは
テーマを先に決めなければ書き始めることは難しいため、

「次のテーマは何にしようかな」

といったシンキングタイムはあまり通勤時間内には行いません。

・ネタはランニング中や、ぼーっとしている時

ネタは
「何書こうか?」
と悩んでいてもなかなか時間がかかってしまい、
思いつきません。

今まで振り返ると、
この時間で悩み続けた挙句、
ブログが嫌になってしまった。
ことがありました。

他人ブロガー様がすでに書いているから
このタイトルはやめようとか
当初は避けてオリジナル性を見出そうとしてましたが、
だいたいのことは誰かがネタにしています。
ですので、
自分が書きたい。
書いていて楽しそう。

そんなコンテンツを選んでいます。

・難しく書かない

ブログを書くとどうしても専門用語や
難しい単語を使ったりしてしまうことがあります。

見る側にとってみれば
いまは多くの方がスマホで読むことが多いですよね。
画面をスクロールするだけでいい
スマホでブログを読まれる方のほうが
圧倒的に多いでしょう。

しかしデメリットもあります。
スマホ利用ユーザーの場合
離脱率がPCに比べて高い。

という事実です。
少しでも理解が難しい単語を使っていたりすると
そこでページを閉じられてしまいます。

ユーザー第一優先で考えるならば
できるだけ簡単に
小学生でもわかるような言葉遣いを心がけるべきですね。

・文章の改行、段落替えは頻繁に。

とあるブロガーさんの記事を
読ませていただいた際に目からウロコが
落ちたことがあったので、
それを踏まえて紹介します。

スマホで閲読するユーザーが多いと書きましたね。
読者はスムーズに読む記事に慣れています。

最近のトレンドなのか
スマートフォンが誕生して以来、
長い文章体を見かけなくなりました。

小説とスマホの一文を比べても、
断然小説の一文の方が
文字数が多いのを感じます。

小説は、一文に主人公の感情や
その場その場の環境を克明に伝え、
読者にあたかもその場所に居られるよう
感情移入しやすいモノです。

また紙媒体の特性からか、
視界に入る文字数も必然的に多いです。

そうした理由からか、
小説は文章が長くなる傾向にあります。

それに比べて、
スマホで自然検索するユーザーは
なんらかの課題や調べごとを抱え
貴方のブログを調べに来ています。

ユーザーからしてみれば、
解決策だけわかれば満足感を得ることができるのです。

じっくりと味わう紙書籍の小説と違い、
ブログはユーザーの短時間でいかにわかりやすく、
満足感を得られるか、なのです。

そうしたことから、
私は今ではできるだけ
一文を「、」で
区切るよう心がけています。

こうすることで、
理解しやすくなるほか、
限られたスマホ画面内に文章が収まるようになります。

・文章に主体性が出てきた。

25記事を突破して、だんだん文章を
スラスラかけるようになってきました。

同時に文面に大胆さも出せるようになってきました。

どういうことかというと、
今までは
「〜のようです」とか「だと思います。」
のように伝聞形の表現を好んで使っていました。

ところが読者になったつもりで
読み返してみてもまったく
インパクトを感じないんです。

「読む側に果たして心に刺さる文章を伝えられているのだろうか」

と感じるようになりました。

自分で体験したことを自信を持って伝えないと
読む側も心を揺さぶるような体験ができないことを知ったんです。
そこで、

言い切る。

ことにしました。

そして体験したことを表現できるように
擬音語や、
擬態語をしっかり文章に
盛り込むようにしました。

すると、自然と
文章もスラスラ書けるようになり、
読み返してみても違和感がない、
自然なものになりました。

・残業しない。

最後にこれが一番大きいかもしれません。
時間の確保を第一優先に考えた結果、
今までの無駄をできるだけ削減するようにしました。

会議の参加メンバーに入っていても、
意味がないものには参加しないようにする。

昼食もなるべく休憩は最小限にとどめ、
時間があればスマホ片手にポチポチ文章を書いています。
終業後の酒の誘いも、
先に帰ってしまえば、誘われることもありません。

・最後に

途中で挫折を味わいつつも、なんとかここまで来ました。
次は50記事目の節目に振り返ってみようと思います。
それではまた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です