中国検索エンジン《百度》を使って人生得する方法

Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちわ!アタロ―です。

皆さんは 『百度』をご存知でしょうか?
百度って何?これです!

http://www.baidu.com/

中国通でなくとも、
検索エンジンであることは
知られていることだと思います。

今回はこの『百度』について、
日本ではあまり知られていない
コンテンツをお伝えしようと思います!
と、その前に少しこの『百度』の規模を調べてみます。

百度の市場規模

少し古いデータですが、
2014年の中国における
検索エンジンのシェアです。
データほぼ独占です。

ただ世界からみると、グーグル先生の一人勝ちのようですね。


(出典statcounter)

世界は広い。

というか、グーグル勝ち過ぎですね。

ちなみに”谷歌”はグーグル、
“必応”はBing、
“雅虎”はヤフー 
を意味します。

2018年現在時点、
『百度』は世界でみるとわずか、
2%。
あの広い中国で70%以上シェア
を押さえているにも関わらず、

たった2%です。

そんな検索ツールですが、
実は日本と密接な関係になりつつあります。

それは、
昨年リリースされたこんな記事で読み取ることができます。

SB(ソフトバンク)ドライブとバイドゥが提携し、自動運転バス『Apollon』の協定を結ぶ
なんと2019年初期までに実証実験用車両を含めて10台の「Apolong」を日本に持ち込む予定で、2018年には日本で実証実験を開始したとか。
また中国の記事では、限定的ではありますが高速運転がすでに実現しているとの記事も。

つまり、百度が求めているところは、

『成为最懂用户,并能帮助人们成长的全球顶级高科技公司。』

百度百科より抜粋

日本語約:もっともユーザーを理解し、人々の成長を支えるグローバル最高級なハイテクノロジー企業である。

とあるように、世界のトップを目指したテクノロジー企業であるのです。

『百度』の語源

ちなみに百度の語源は
中国のウィキペディアである
百度百科にこう書かれています。

『来自于八百年前南宋词人辛弃疾的一句词:众里寻他千百度。这句话描述了词人对理想的执着追求。』


→(意訳)1800年前南宋の時代の詩人、辛弃疾の一節にこうあります。『大衆の中に(彼女の姿を)1,000回、100回と追い求めた。』 とあり、作者の理想を飽くまで追求する姿勢を描いている。

とのことです。
余談ですが、
この詩の一部分を現代中国語文では以下の通り。

美人头上都戴着亮丽的饰物,
笑语盈盈地随人群走过,
身上香气飘洒。
我在人群中寻找她千百回,
猛然一回头,
她却在,
不经意间却在灯火零落之处发现了她。

→(意訳)かの美女は
頭にきらびやかで
優雅な飾りものをまとい、
陽気に群衆を追うように歩き去る。
かぐわしい香りを漂わせながら。
私は彼女を1000回、100回と探し
ふと振り返ると、彼女は居たのだ。 
気が付かぬうちに、
明かりが散乱と落ちたその場所に、
いたのだ。

・・・なんか語源がめちゃくちゃかっこよすぎ。
語源が女性を追い求める
焦燥とした気持ち、
行動から来てたんですね!

そんな百度ですが、
さすがはあくなき理想の追求と、
ハイテクノロジー企業です。
実際に使ってみると驚きと感動があります。

そんな最先端技術の片鱗を調べてみましたので、
一緒に体験してみましょう!!


辛棄疾

・百度のカメラ識別機能がすごい。

ここで少し中国マーケットに
携わっている方に
少し役に立つ情報を共有します。
百度には、
カメラで撮影した被写体を色々な角度から検索、
貴方にあった答えを導いてくれる機能があります。


ここをタップします。

この6つのカテゴリーから、
興味のあるものをタップします。
ちなみに左上から右へ順番に、

『問題解説分析』、
『ペット識別』、
『植物識別』、
『人相測定』、
『景色識別』、
『商品識別』
となっています。
そのどれでも当てはまらない場合は、
“通用识图”をタップすると
自動的に識別を行うようになっています。

中国広大なビッグデータから
最適なものを導きだす、
IT国家のなしえる技といえるでしょう。

それにしても景色から居場所を特定だなんて、怖すぎます。
まさに鬼女の所業。
いや、鬼女オブザ鬼女。

それでは、
試しにいくつかピックアップしてみます。

・『商品識別機能』

皆さん、
ここで『いや、これってグーグルでも
似たようなやつあるじゃん?』
って思った方、
そうですよ。ありますよ。

グーグル写真検索です。

そこで実際に、
手元にあったものを使って比較をしてみました。


仮面ライダーエグゼイド 激打撃斬 DXガシャコンブレイカー 
を発見したので、こちらで検索してみることに

それがこれ。

商売っ気が強い中国らしいというか、
しっかりと市場価格も検索されています。
中国で生活されている方や、
中国ビジネスにかかわっている方なら利便性が高いです。

例えばTmallや、
タオバオなどEC店舗に出店されている方なら、
『中国語商品名がわからない』
『市場価格ってどのくらいなんだろう』
なんて疑問もこれで解決してしまうかもしれません。

・『景色識別』

またもや実験です。
これは景色を撮影して
ビッグデータから対象物を探しだし、
被写体から場所を識別する機能です。

今回は、日本の象徴、
東京タワーを
うまく識別できるかチャレンジしてみます。

適当な写真がなかったので、、、あえてもう一つのスマホの対象物が識別できるかやってみました。

その結果がこれ

これ、ちなみに日本語変換もできます。画面では隠れていますが、変換キーがありますので、ご安心を

これを使えば、見知らぬ土地での旅行でも活用することができます。

『植物識別』

最後にこちらです。個人的にはこれがかなり重宝できるなと。撮影してみます。

糖胶树

我が家にある観葉植物を撮影してみました。
結果は、糖果树とのこと、うーん。。
ググってみましたが、
よくわかりません。ジタノキ?

この他にも人相測定など、
面白い機能が満載なので、
お暇があればぜひ!お試しください。

ビジネスで使えるお役立ち百度活用法

と、ここまではエンタメ要素いっぱいの機能を
お伝えしてきましたが、
今回はビジネスで使える機能、
ミニプラットフォームを一部ご共有いたします。

まずは、www.baidu.com から、右上のこちらをクリックします。

たくさんのメニューがでてきますが、今回ご紹介するのは、これ。

  • 百度経験 →  ユーザーにノウハウを伝える、ライフハック的なプラットフォーム
  • 百度知道 →  つまるところヤフー知恵袋です。
  • 百度贴吧 → BBS。
  • 百度百科 → 中国版ウィキペディア
  • 百度文库 → ドキュメントを公開します。

基本どれも仕組みは同じだと思うので、
百科経験百度百科
の二つを取り上げてノウハウをお伝えします。

ただし!中国語で書く必要があります!
もし中国語で書く必要があるのなら、
最近では翻訳もオンライン上で行うことができます。

『GENGO』

(簡単な翻訳なら、5円/文字程度、専門用語なら9円/文字程度で翻訳することができます。私も仕事で忙しいときは活用するのですが、本当に仕上がりが早いです!A4ワード数枚程度なら、数時間で仕上がってきます。)

もちろん個人的にメッセージをいただければ、
私も責任をもってご対応させていただきます。
ご安心を。 それでは百度のアカウントを作るところから始めます。

アカウント作成方法

中国携帯番号を所持していない方の場合、
百度アカウントを作ることができません!困った・・・。
しかしご安心ください。便利なツールをご紹介いたします。

eSender』 ※ 株式会社Shiftall 様ブログより引用させていただきました。
こちらを使うと、まずは7日間だけ無料で、中国携帯番号をゲットすることができます。今回こちら説明は割愛させていただきます。詳細はテキストリンクよりご確認ください。

(※2019年4月15日現在、
上記の方法でもアカウント取得ができません。
日本で取得したQQアカウントから
番号認証を行おうとしましたが、
それもダメでした。。。
結局中国のキャリアから携帯番号を取得し、
simフリー携帯で登録する方法しかなさそうです。。
こちらは常に情報をアップしていこうと思います。
引き続き、アカウントが取得できたテイで、お読みください。)

「百度経験」

例えば、「日本に旅行に行って、
化粧品を買いたいんだけどどうすればいいんだろう?」

と中国人訪日旅行者の
こういうお悩みってありそうですよね?
そこで貴方がマツモトキヨシの店員だった場合、
「うちで買えば、たくさん魅力的な商品を
取り揃えてるよ!ぜひ見に来てね!」

と、しっかりと魅力を伝えることで、
ユーザーに来店動機を作ることができます。

通常ならお金を出して中国に宣伝するのが一番なのですが、
ノウハウがない場合貴方ならどうしますか?
まずは”中国””宣伝””ウェブ”といったキーワードで検索し、
中国詳しい広告代理店に依頼をしますよね。

 いやちょっと待ってください!!

百度を使えば無料で企業ブランディングや
プロモーションができるんです!
広告でお金を使うのはちょっと早急です。

まずはこうした施策で地固めをしましょう。
 これから紹介する施策は無料でできるうえに、
百度が存在している限り半永久的に掲載され続けます。

しかも同じような悩みを抱えている旅行者が
貴方の情報を百度をたどって検索するようになれば、
これほどコスパのいいプロモーション手法はありません。

では、百度経験とは、どんなものでしょうか?
事例は以下にリンクを貼っておきますので、
一度確かめてみてくださいませ。
マツモトキヨシの事例を紹介いたします。

マツモトキヨシの場合

日本化妆品购物攻略
(日本化粧品ショッピング攻略)

ここでは翻訳を省きますが
なんとなく意味はわかると思います。
店舗写真も交えて、
さらに商品も紹介されています。
「よーし、会社紹介文を書いて中国語に翻訳すればいいんだな!」
と思った貴方、ちょっとまってください。

ここで一点注意しなければならない点があります。

百度経験上で
あからさまな宣伝行為は禁止されています。

どうすればいいか?

その解決方法として、
Product Placement(プロダクトプレイスメント)
と呼ばれる手法で解決することができます。
(中国語:植入式广告)

プロダクトプレイスメントって?

皆さんも映画のワンシーンに
ふと知っている会社のロゴが
挿入されているのをみたことありませんか?

主人公が持った飲み物が
「コカコーラ」だったり、

有名なシーンでは
「スピード」という
キアヌリーブスが
主演の映画では主人公がふとした瞬間に、
腕時計の時間を確認するシーンがあります。

あるワンカットで、
「CASIO」の「G SHOCK」がさりげなく映り込みます。

結果その映画で取り上げられたことにより、
ブームになったことは言うまでもありません。

プロダクトプレイスメントとは、

このように視聴者に広告らしさを感じさせない広告を打ち出すことで、

宣伝効果を狙うものです。

少し話がそれましたが、
さきの例で解説すると、
中国人旅行客にもっとマツモトキヨシに来店してほしい!
と、集客策を考えたとします。

「マツモトキヨシは素晴らしくて、
商品もたくさんあって、
全店どこでもあるよ〜」

という明らかな宣伝行為は、
NGなんです。

ユーザーのニーズに
しっかりと答えるような文面を考えて、
自然にマツモトキヨシが必然的に存在する、
というような書き方にしなければなりません。

ではさっきの事例では、どのような文章展開になっているのでしょうか?かいつまんでご紹介すると以下のようになっています。

  • 日本に行きたいけど、どんな化粧品を買えばいいの?
  • マツモトキヨシというお店があるから、そこに行けばたくさん商品を買うことができるよ。
  • 雪肌精、DHC、カネボウ、CATEなど…マストアイテムの紹介
  • 買うときの注意点
  • キャンペーンなど価値の高い情報

つまるところ、如何にユーザーにとってお得か。をしっかり客視点で且つ事前に伝える必要があります。

百度経験スレッドの作り方

百度経験にアクセスします。

「发布经验」をクリックします。

いざ執筆開始です。フォームに従って記入していけばよいです。

1~3には自ら経験した手順や、解決方法の手順を記入していきます。

注意事項、
そして”原创声明”にチェックを。
参考資料があれば記入し、
最後に发布经验をクリックすると審査が始まります。

問題なければ発表(=アップロード)、
という流れになります。

いかがですか?
もちろん百度は
「百度推広」
という有料広告も豊富に取り揃えており、
様々な宣伝手法が存在しますが、
今回は無料でできる
プロモーション手法をご紹介いたしました。

というか、
中国ビジネスに少しでも触れている方なら、
絶対に試してみる価値はありそうです。

《百度百科》

主に広告主のブランディングとして
活用されるプラットフォームです。

皆さんも見知らぬワードや、
企業名、
有名人など気になったらまずは検索して
ウィキペディアで詳細を調べますよね?

こうすることでユーザーに無料で
企業ブランディングを高めることができます。

一般用語登録の場合はこちら
https://baike.baidu.com/page/createindex

企業名の登録の場合はこちら
https://baike.baidu.com/enterprise/create

今回は、企業名を登録してみます。
登録のまえに、注意点として以下のような点に注意ください。

以下注意点中国語原文です。
https://zhidao.baidu.com/question/924467920374999419.html?entrytime=1548633600037

●商品購入などのリンクを貼る
●主観的文章は禁止。あくまで客観性を。
審査に必要な提出物
●客観性を保持するため、外部公的機関発行する資料(登記簿謄本データなど)
●ホームページがあればそのリンク

では早速、先ほどのリンクから企業名を登録してみます。


1.国外及港澳台企业创建通道をクリックします。

2.企業名を入力します。
ここで、注意点としてグローバル基準の英語名か、
中国語でも通用する漢字名を入力する必要があります。

例:
×パナソニック
○松下电器产业株式会社
(実際にこれで登録がありました)

3.フォームに従い登録を始めます。

と、ここからはまた今度ご説明します〜

《番外編》


バイドゥを開いて、
以下のワードをコピペ、
検索してみてください。
あ、PCブラウザでやってくださいね。
面白いことが起こります。

・翻转

・黑洞

・大海

・海鸥

・打雷

面白いことが起きたでしょ?
ちょっとしたネタということで。

以上百度のご紹介でした!
それではまたー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です