一生に一度は涼みたい?中国の夏の過ごし方提案!

Pocket

おはようございます!
アタローです。
連日の猛暑ですね。私が学生だった頃の暑さと比べものになりません。

休日部活前にはテレビの天気予報を見ながら「今日も最高気温33度か〜」と思っていたのを覚えています。それでもしんどかったので今の学生には堪えるに間違いありません。

中国と日本はやはり気候が違います。

大陸気候のせいなのか朝と夜の気温格差があるようにも感じます。それは内陸に行けば行くほどあります。また海に囲まれている日本と比べ乾燥しているため、日本の夏のようなジトっとしている暑さではありません。

とはいえ、「夏をいかに快適に過ごすか」は人類共通の課題ですので、ここで私が見つけた、また中国経験をもとに為になる(?)トピックスをご紹介いいたします。

中国の涼み方のギャップが激しすぎる!

中国は貧富の差があります。これは多くの方が知っている事実だと思います。
腾讯网より引用 沿岸部ほど収入が高く、内陸部ほど収入が低い。
沿岸部≒大都市(収入高)、内陸部≒農村地区(収入低) とも揶揄されており、中国では農村≒貧乏という偏った見方があります。
今回は中国の物珍しい?涼しみ方 VS 一生に一度は訪れたい極上ホテルの避暑の過ごし方をご紹介したいと思います。
なんたってギャップが激しすぎます!
お金を使わない編
初級
在家开空调制冷。比去避暑胜地旅游花钱少。
家でエアコンをつける。
避暑地にいくより出費が少なくて済みます。
在室内放一个小型临时游泳池,避暑,用充气塑料做的游泳池。
室内にて小型ビニールプールを設置。
天气热,少吃麻辣等等,吃清淡食物。不要摄入过多热量。
暑い日は麻辣など辛いものは食べない。
あっさりとしたものを摂る。
カロリーは控えめに。
少生气,少惹事生非,少为难别人。太阳烤人戴草帽等等。
怒らない。厄介なことを起こさない。
人を困らせない。
強烈な日差しの下は麦わら帽子を被る。
まあ、当たり前ですね。
常に平常心を保ち、静かにすることが大事です。
没空调的城里人:去防空洞这些地方避暑,比如重庆防空洞多,政府开放防空洞,往往比室外低5、6度,有灯有风扇,无聊还可以打麻将等等。
冷房がない都会の住人の場合:
防空壕になどで暑さを避ける。
例えば重慶は防空壕が多く、行政が開放している。往々にして外気より5〜6度は低く、照明も換気(扇風機)もある。やることないなら麻雀もあり。
すごい・・さすが中国です。でもこれってとってもエコですよね?

 

こちらは整備されている南京の防空壕です。
近代化されています。これが防空壕だと想像もつきません。まるで病院の待合室です。
 中国では文化革命時期に各地に防空壕が作られているそうです。それを国民の為に開放し、いこいの場としているのだとか。ウォーターサーバーも完備されています。これって日本も見習うべきところかもしれませんね。
上級
没空调的农村部分人:
自己挖窑洞、地窖、地下洞室等等,用钢架支撑防止倒塌,吹风扇避暑。
冷房がない農村の住民の場合:
自ら竪穴式住居、穴蔵、地下道を掘る。
鉄骨を組み崩落を防ぎ、扇風機で涼を取る。
正直竪穴式住居ってどんなイメージでしたか?
冬は暖かく、夏は涼しい住居って最高ですよね?換気扇はどうしているのでしょう?これだけ住居を構える労力があれば、何か他のことで涼をとることもできそうですが・・・。
いかがでしょうか。
ここまでが日本ではあまり見かけない珍しい涼のとり方をご紹介しました。
ここからは誰もが行ってみたい極上避暑地にあるホテルを紹介します。

極上の避暑地ホテル編

瑞吉酒店 STREGIS LHASA
自治区首府拉萨夏季平均最高气温为22.9℃,是一年中最好的季节。

ラサの夏季気温は平均22.9度。一年でも絶好の季節です。

从酒店出发仅需六分钟即可抵达布达拉宫

また、ホテルからは6分で中心地であるポタラ宮殿にというアクセスの良さ。

拉萨瑞吉酒店是全球海拔最高的酒店,住进这里一起纵览喜马拉雅山,欣赏拉萨河谷的壮丽美景,感受独一无二藏族文化,在这夏日里沉淀洗涤浮躁的心,是相当不错的选择。

当ホテルは世界で海抜標高がもっとも高い位置にあります。ここではヒマラヤ山脈を見渡すことができます。
ラサ峡谷の壮大な美景を観賞しつつも、またとないチベット文化を感じることができます。

出典:国内那些顶级的避暑山庄,是避暑更是生活方式

丽江——金茂君悦

リージャン  グランドハイアット

丽江金茂君悦酒店就位于束河古镇与玉龙雪山之间,大中华区第一家君悦品牌的度假型豪华酒店。

当ホテルは束河旧市街と玉龍雪山の中間に位置しており、中国において初のハイアットブランドの別荘型ラグジュアリーホテルです。

雪山苑,是丽江金茂君悦酒店的延伸部分,雪山苑位于玉龙雪山东麓海拔3100米的甘海子草甸区,距离酒店主区17公里,酒店坐拥5A级美景,推窗直面180度绝美雪山冰川景观!
「雪山苑」はリージャングランドハイアットホテルの延長部として、玉龍雪山東の麓、海抜3100mの甘海子高原草原地帯に位置しております。ホテルからは17kmの距離があり、ファイブA級の景観を保持し、窓を開けるとパノラマ氷河の絶景が広がります。
いかがでしたでしょうか?

見ているだけで涼しくなりますね!

私は学生時代にチベットへ旅行に訪れたことがあります。

チベット自治区住民構成の40%が漢民族といわれており、当時は西洋人も多く旅行に訪れていました。中心都市”ラサ”には英語の看板や、バーガーフードなど中国大都市と変わらない西洋の波を見ることができました。高度3000m以上のチベット仏教が色濃く見受けられる都市にこうした大型外資ホテルがあることってなんともふしぎですね!

今回は中国の物珍しい?涼しみ方 VS 一生に一度は訪れたい極上ホテルの避暑の過ごし方をご紹介しました!

ataroの「日々これ話したい」ブログ 目次に戻る!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です