カテゴリー
ビジネス

日雇(派遣)バイトを始めようとしている方必読。

どうもこんにちわ!
アタローです。

日雇いバイトって?

今回は日雇労働アルバイトについて

考えてみたいと思います。

皆さんは日雇労働と聞いて
どんなことを想像しますか?

実は私一週間ほど小遣い稼ぎの為、
副業として日雇派遣労働バイトしてまして。

メリット

デメリット

おススメ日雇アルバイト

をご紹介してみたいと思います。


これから日雇アルバイトをやってみたい!
と思っている方。参考にしてみてください。

まずはメリットから

メリット

 

仕事と基礎を学ぶことができる。
急な出費にも対応でき、即日から仕事を始められる。
しごとは至って簡単。

 

デメリット

 

    • 仕事の質は残念ながら低いと言わざるをえない。

    • 単純作業が多い。

    • 言われたこと以外はできないことが多い。

    肉体労働系多し

ちょうどよいので、

軽作業 ≒ 楽な作業 

じゃないです。

私の解釈では、

(快に動く必要のある)作業

です。
つまり重たい段ボールだろうと、
枚数が多いチラシ梱包作業だろうと、

速くテキパキとこなさなければならない業務が中心です。

メリット:日雇いバイトは仕事の基礎を学べる。

ここでいう基礎とは、

いわゆる『報告・連絡・相談』です。

例えばよくある日雇アルバイトで

“物流倉庫内のピッキング(=仕分け)

と言うのがあります。
超ざっくりですが、
主な仕事の流れは以下の通りです。

    • ピッキングリストをターミナル機器に読み込む。


    • リストに沿って商品棚から商品をピックアップし、カゴ車に積まれた段ボールにセットする。


    • ダンボールに商品がいっぱいにったら、指定の場所へ移動し、
パレット積み

と、こんな感じ。
簡単ですよね?

ところが仕事というのは間違いがあってはいけません。
こんなことにちょくちょく遭遇します。

  • ピックすべき商品が棚にない。
  • リストの数量とピッキングした数が合わない。

そうなると、必ず上長に『報告』する必要があります。

「どうせ日雇で明日は別の現場だからいいや」
とか思ってしまいがちなのですが、これはNGです。

この報告がなかったばかりにこの後の納期や、
スタッフの業務量が何倍にも膨れてしまいます。

また、

「ピッキングした商品が指定のダンボールに入りきらなかった」。
「ターミナル操作がわからなくなった」。

など数々の疑問も出てくることもあります。

そんな時も必ず『相談』をすること。

なんか当たり前すぎるのですが、

これができない人、たくさんいました。

逆を言えばこれさえできれば
全ての仕事において共通してますので

オフィスワークにしろ、なんでも楽勝です。

メリット:急な出費にも対応。即仕事開始可能。

これが日雇バイトの最大の魅力です。

仕事日を選べて、
仕事内容も選べて、
給与も早ければ翌日受け取り可能。

私は学生時代にこれを利用して海外旅行に行きました。

仕事内容は比較的簡単なものばかり

  • 仕事日が選べて、即日仕事ができる。

の補足的になりますが、
すぐに覚えられる仕事ばかり揃っているのも日 雇バイトの魅力のひとつ。

例えば

“ライン作業”や、


“交通量調査”

“新製品のサンプリング調査”


など。

いわゆる単純で楽そうな作業ばかりです。

黙々とひとつのことに精を出したいという方にはもってこいの仕事です。

日雇バイトのデメリットって?

ここで日雇バイトのデメリットを紹介します。

今回お伝えしたかったのは実はこれ。

単純作業って裏を返すと。

つまりこういうこと。
これを続けていく限り、
生涯スキルが身につきません。

つまり

単純作業の連続なので、

それ以上の仕事ができないということ。

どういうことかというと、

本来なら以下のような順に
仕事のスキルが上がっていきます。

先の倉庫内ピッキングの例です。

 

  • 指示がなくても仕事をこなせる。※平クラス

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • スタッフのとりまとめや、仕事の指示ができる※バイトリーダー・主任クラス

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • フロア全体の工程管理ができる※フロア長・部長クラス

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • 倉庫全体管理ができる※支社長クラス

 

ところが日雇(派遣の場合です。)バイトをしていると、
雇用は派遣元との関係なので、

現場との関係性は一定水準のまま。

『日々小遣い程度の稼ぎでいい。』

という方以外、

仕事の質が上がらない限り、
給与もあがりません。

学生の方なら学業が本業なので、問題なし。
社会人として常態的に日雇バイトを
本業とされている方は今一度仕事の在り方を見直すべきです。

例えば、

  • 日雇派遣アルバイトを長期固定アルバイトに変更する。
  • 会社と直接雇用に切り替える。

これだけでもいいんです。
こうすることで、

長期的人材育成が見込める。
中間マージン給与を挟まないことで、時間当たりの昇給もありえる。
さらにアルバイトから正社員へ登用の可能性だってあり。

などのメリットがあります。

日雇派遣の中間マージンについて

先も述べましたが、

日雇派遣会社は、労働者を派遣することで、
派遣先から紹介報酬(いわゆる中間マージン)を得ています。

そしてこの報酬額、
実は法律により
公開することが義務づけられています。

 

一般的な派遣マージン率=約25〜30%くらい

 

仮に時給が1100円、
中間マージンが30%だったとすると、
およそ470円が派遣会社の取り分となります。

これを高いか安いかはご判断にお任せいたしますが、なんか勿体無い…。

仮に、

研修制度や、社会保険などが保障されているならばわかります。

しかしながら、

ただただ仕事を紹介するだけで中抜きされるのであれば、
直接働きかけた方がいいと思うのは私だけでしょうか⁇

おススメ日雇バイト!

さて、学生、社会人問わず
とにかくお金が欲しい!
なんかいいアルバイトない?

とお悩みの方に、

10以上のバイトを経験してきている私が
これはおススメというトップ5を5位からご紹介したいと思います。

一部日雇じゃないのも混じってます。ご了承ください。

第5位:家庭教師


アルバイトの王道です。
私は中学生の子を見ていました。
数学、英語を重点的に。

メリット:
学校でよい点数をとってくると
成長を感じられて嬉しい。

また比較的に時給も高く、コスパも良いが、
短時間であるため掛け持ちをしなければまとまった金額は稼げない。

時給:1500〜2500円
勤務先でおやつが出てくる確率:60%

第4位:商品サンプリング



これは単発のバイトで主に女性中心のバイト。
場所も様々で、街頭だったり、夏なら海辺で新飲料を配布したり。
ただなら喜ばれるし、
余ったものをもらえたりと、
楽しい。
ペアで行うこともあるので出会いもあり。

時給:1500円〜2500円
出会える度:30%

第3位:イベントのサクラ


これも単発です。
アイドル店頭イベントサクラや、
サイン会場のサクラなど。
新製品発売の列に並ぶなど。

過去に空港から出てくる韓国人俳優
の出待ちはバイトなんじゃないか?
なんていう噂もありましたね。

ただただ指示通りに並んだり、
盛り上げたり。

ただそれだけ。

あまり案件自体ないので、
そのあたりは悪しからず。

参加したければ、
イベント関連の派遣事務所登録する必要があります。

時給:1500円程度
闇度:80%

第2位:結婚式配膳


人生の大舞台を彩る結婚式場が職場です、
お食事コース配膳や、
テーブル食器の配置、
照明スポットを当てたり。

またホテルの宴会場の配膳なども行います。

これはマジでおススメです。

何度働いても感動。泣ける。

ただし、
結婚式は時間との勝負です。
同じ会場で数回結婚式を行うことだってあるため、手際がよくなければ勤まりません。

ただし一度はやる価値のあるバイト。

時給:1500円程度
料理長と仲良くなると食事にありつける度:100%

第1位:治験モニターバイト


堂々と選出した第一位はこれ!

これもイベントのサクラと並んで
都市伝説めいているバイトですね。

しかし、

至ってホワイトなバイトです。

宿泊あり/なし

でも大きく報酬が異なります。

どういうことをするかというと、

内服薬を飲んだり、
塗り薬を塗ったり。

あくまで市販前の最終チェックとして
実施されます。

得たいのしれない薬品を服用するわけではありません。

私が過去に実施したものだと、

始めになみなみにあふれんばかりのガムシロップを一気飲み。(涙
その後薬を服用し、下がる血糖値の値を数時間おきにチェックするものでした。

1泊2日で病院(といってもクリニック)で寝泊まりし、
数時間おきに注射。

病院内で安静にしていれば基本行動は自由。

ただし、
アルコール
タバコなど嗜好品は制限されます。

寝ている間も時給が発生する為、
1泊2日で、

3⁻4万円の報酬でした。

モニター常習者が一定数いましたが、
自らの体を使って報酬を得るということは
社会的にも健康上にもよくありません。

楽は楽。

ただし単発とし、これきりとすること。

本当にお金が欲しいとき以外はやらない。


一位の理由として
短期間でお金になるバイトだから!!

人生経験としてやってみる価値あり度:100%

 

最後に:日雇いバイト(特に派遣)は底辺か。

と、なんだかまとまりがない感じになりましたが、

日雇いバイトのメリット・デメリット・おススメ日雇いバイト

をご紹介してきました。

言いたいことを完結にまとめると。

学生 = 社会ルールが学びやすい。
社会人(働き盛りの30代以上) = 特に事情がない限り、あくまで転職活動の合間など、場つなぎであればOK。常態化させないこと。


派遣バイトというのは、
中間会社と派遣先の契約である故、

毎度出勤するたびに
仕事内容がリセットされてしまう。


簡単な仕事の永遠ループに陥ってしまいます。
いけどもいけども給与は上がらず、社会保険・雇用保険も得られない。
時間だけが経つ怖さ。

これが日本社会にある日雇い派遣労働が
底辺と言われる所以なんではなかろうかと。

この連鎖を断ち切る為に必要なのは、

・直接雇用。
・長期業務による人間関係の構築。
・仕事の熟練度を上げたいという向上心。



それがたとえアルバイトの地位であったとしても、
社員に登用されるなんてことはたくさんあるわけです。

実際私も多く見てきました。

そして
このモチベを保つ秘訣。

それは毎朝のランニングなのではなかろうかと思うわけです。

それはまた別の話で。

ここまでお読みいただきありがとうございました!!

Powered by RSSリスティング

作成者: ataro

中国人妻、長男(上の子)、長女(下の子)の4人家族。

4年制大学時代に中国上海へ1年間の留学期間を経て、卒業後一旦は日本企業に就職。
その後日本企業体質が合わず、上海へ。
広告系ベンチャー企業に在籍しつつ、2015年に長男出産を機に日本に本帰国。

現在は中国系某大手流通企業に在籍。

現在の趣味は子供と遊ぶこと。
ランニング。
ブログ執筆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です