下呂温泉日帰り旅行に行ってきた感想〜前半〜

Pocket

こんにちわ!
Ataroです。

今回お伝えするのは、
下呂温泉へ日帰り観光したので
その体験をお伝えしようと思います。

    今回お伝えしたいのは以下の方

    下呂温泉旅行を予定されている方
    下呂のことを知りたい方

    下呂温泉とは?

    下呂温泉は、
    日本三名泉とも言われ、

    泉質は無色透明のアルカリ性。

    草津温泉とは異なり、
    本当に温泉かと思うほど。

    入浴剤には
    草津、箱根、別府はあっても
    なかなか下呂は見当たらない
    のはこのせいなのかもしれません。

    アクセスはこちら

    絶景をみたいなら電車で向かうべし

    電車でアクセス手段は
    名古屋からなら、

    名古屋駅
    特急ひだ号

    岐阜駅

    下呂駅

    およそ1.5時間。
    往路4700円。

    これが王道ルートです。

    東京からなら
    いったん名古屋まで新幹線で、
    そこからひだ号に乗り換えです。

    もし名古屋から格安で行くのなら、
    単線高山線でゆっくり行くのも
    よし。

    名古屋
    名鉄犬山線

    鵜沼駅下車

    高山本線に乗り換え

    下呂駅

    1960円。

    ただし2.5時間かかります。

    鵜沼駅からは
    およそ1時間に1本しか
    電車が走っていないので、

    駅で時間を潰すことになります。

    鵜沼駅周辺は
    コンビニもなく、
    食事もラーメン屋が数店舗ある程度。

    しっかりと時刻表をみて
    計画を立てた方が良いです。

    ちなみに私は
    鈍行で向かったため、
    1時間待つことになりました笑。

    それでも単線ローカル列車で
    向かうメリットはほかにもあります。

    とにかくゆっくりと
    車窓を楽しみたい方は
    ぜひローカル列車に乗られながら
    下呂に向かうことをおすすめします。

    このJR高山線の良いところは、
    なんと言っても景色が絶景すぎる。

    上麻生駅あたりからでしょうか。

    とにかく飛騨川とその山々の景色、
    時折姿を見せるダムや、貯水湖など。

    本当言葉が出ないほど素晴らしいです。

    ここで車窓の景色を撮った
    動画がありますので、ぜひどうぞ。(※BGMが出ますのでご注意を)

    下呂温泉街を巡った感想


    正直な感想を言います。

    イメージしていた温泉街♨

    という雰囲気ではない。

    ということ。
    どういうことかというと、

    ドラマなどで見かける
    湯煙が立ち上り、
    湯畑がみられ、

    浴衣姿の観光客が溢れかえっている
    あの風景は下呂にはありません。

    例えばこんな風な。

    https://www.photo-ac.com/


    個人的には
    もう少しレトロな温泉街で
    あって欲しかったです。

    しかーし!

    日本三代名泉と言われるだけあって、
    足湯施設や、観光施設もあちらこちらに
    存在します。

    それでは
    どんなスポットがあるのか、
    一緒に覗いてみましょう!

    下呂はカエルだらけ

    下呂を「ゲロゲロ〜」とカエルの鳴き声に
    かけて、街のシンボルはカエル。

    そして名物のスイーツは、

    「下呂プリン」です。



    とにかくインスタ映えしてます。
    場所はコチラ:


    こちらはかえるの神社


    このかえる神社はお賽銭を投げると、
    どこからか天の声(カエル?)が聞こえてきます。
    場所はこちら:

    飛騨川河原沿いに浮かぶ露天風呂、噴泉池


    駅を降りてしばらく歩くと、
    下呂温泉の中心に飛騨川が流れています。
    ここは誰でも入浴できる
    露天風呂スポット。

    とはいえ
    脱衣所すらないので
    地元の方によると
    観光客は大体水着で入浴される方
    が多いのだとか。

    時折地元のお爺さんが
    丸裸で入浴されているようですが。

    下呂温泉には水着を持参して、
    天然の河原沿い温泉に入浴してから
    散策するのも楽しいかも。

    場所はこちら:

    合掌村博物館はマストスポット。


    飛騨高山にも合掌村がありますが、
    下呂温泉にも合掌村が存在することを
    皆さんご存知でしたか?

    こちらは1800年代に立てられた
    茅葺き屋根住宅の集落が、
    重要文化財として保存されています。

    中には当時の生活の営みがわかる、
    等身大蝋人形や
    農耕工具などがそのまま展示されています。

    もちろん白川郷と比べて
    規模は小さいのですが
    足湯が用意されていたり
    食事処もあったり
    運が良ければしらさぎ座と呼ばれる演劇座
    で芸妓さんがみられるかもしれません。

    ホームページ・アクセスはこちら
    http://www.gero-gassho.jp/access/

    イベント情報はこちら
    http://gero-gassho.jp/blog/

    場所はこちら:

    いかがでしたでしょうか? 今回は下呂温泉巡り前半として 比較的ライトな記事でした。 また更新していきますので、 お楽しみに~♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *